治療台・訓練台・診察台・医療機器、整体・カイロ・鍼灸・エステ用マッサージベッドとマクラ・カバーの製造販売

レザーのお手入れ方法

日常のお手入れ方法

レザーが汚れた場合は、下記の方法で汚れを落としてください。

STEP1

柔らかい清潔なウエス(布)で乾拭きしてください。

STEP2

清潔な水やぬるま湯を含ませたウエスで水拭きした後、水分が残らないように乾拭きしてください。

STEP3

清潔なぬるま湯で薄めた中性洗剤や、市販のレザー専用クリーナー、メディクリーナー、除菌ケアシートで拭き取ってください。その後水拭きをし、水分が残らないように乾拭きしてください。

 

ボールペン汚れの落とし方

ボールペン汚れが付着した場合は、できるだけ早く対処してください。時間がたつと取れなくなってしまいます。

水性ボールペンの場合

STEP1

汚れた部分を水やぬるま湯(石けん水が効果的)でぬらしてください。

STEP2

ペーパータオルをのせて汚れが溶け出した水が浮き上がってくるのを待ちます。

STEP3

数回に分けて、STEP1、STEP2を繰り返します。

STEP4

最後に水拭きをし、水分が残らないように乾拭きしてください。

 

油性ボールペンの場合

STEP1

界面活性剤を多く含む洗剤の原液を、ペーパータオルにつけてこすりながら落とします。

STEP2

ペーパータオルにインク汚れがついてくるので、新しいペーパータオルに適宜交換しながらSTEP1を繰り返します。

STEP3

落ちにくい場合は、洗剤をしみこませたキッチンペーパーを汚れの上にのせてラップします。(長くても5分から15分まで)

STEP4

しめらせたタオルを数回にわけ、汚れと洗剤が残らないようによく拭き取ります。

STEP5

最後に水分が残らないように乾拭きしてください。

 

お取り扱い上の注意

異材との接触に注意してください

可塑剤(レザーの風合いを決める材料)の移行により下記のような不具合が生じることがあります。異質な素材が接触しないようご注意ください。

  • 本皮やジーンズ等の染料を使用している異質の素材と接触させると、色移りが生じることがあります。また、本皮側の表面に粘着が生じることがあります。
  • 塩ビ製品・スチロール製品・ABS樹脂・木材塗装面など異材樹脂製品と接触させると可塑剤の移行により表面ツヤ変化や硬化が生じる一方、別の塩ビ製品・異材樹脂製品にも表面ツヤ変化、ヒビ割れ、及び変形が生じることがあります。
  • 新聞紙や印刷物を接触させると色移りが生じることがあります。
  • 粘着テープを貼ると、表面ツヤ変化や粘着が生じることがあります。

溶剤類との接触に注意してください

ベンジン・アルコール等の溶剤を接触させると、レザーの表面が融けて可塑剤の溶出や化学物質の吸収により、表面ツヤ変化・硬化や軟化が生じることがあります。

表面清浄時に注意してください

溶剤の他、漂白剤を使用しないでください。漂白剤を使用すると、ツヤ変化や色変が生じることがあります。表面清浄用にはうすめた中性洗剤等をご使用ください。

高温物との接触に注意してください

塩化ビニルレザーをアイロン掛けしたり、ストーブ等の過度な熱源のそばに置かれると、表面ツヤ変化・絞変化表面粘着・変形・変色が生じることがあります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-62-2382 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社高田ベッド製作所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.